診療時間

坐骨神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • お尻から足にかけて、痛みや痺れが続くときがある
  • 足の痛みや痺れがひどく、長時間の歩行が困難だ
  • 長時間座っているのが苦痛で、正座が特に辛い
  • 仕事に支障が出るほど座っていることが厳しい
  • 病院で坐骨神経痛は病気ではないと言われ、治療を断られた

坐骨神経痛はなぜ起こるのか?|戸塚安行整骨院

坐骨神経痛の症状とは、お尻から足先にかけての痺れや痛みです。

よく聞く坐骨神経痛は、実は病名ではなく症状名で、何らかの原因によって「坐骨神経」の一部が刺激されることで現れる症状のことを言います。

坐骨神経痛の原因|戸塚安行整骨院

そこで、坐骨神経痛の症状が現れるのは、何かしらの原因があって坐骨神経が刺激されているということが言えます。

その原因というのが、次の通りです。

  • ・腰椎・椎間板の異常

  • ・背骨の異常

  • ・骨格の歪み

  • ・筋肉の過緊張

これらに異常が起きると、坐骨神経を圧迫しやすい状態なのです。

次ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

〇腰椎・椎間板の異常

腰を構成する骨の集まりを腰椎と言い、腰椎間にあるのが椎間板で、これは衝撃を吸収するクッションの役割を担っています。

もし、腰椎がずれたり変形したり、または骨折することで分離が起こると坐骨神経を圧迫してしまうのです。

それに、椎間板が定位置から飛び出してしまう腰椎椎間板ヘルニア。これが原因で坐骨神経への圧迫が生じることも見られます。

背骨の異常

こちらは、非常に重要な脊髄神経が通っている脊柱管です。

脊柱管が狭くなることで、腰~足先にかけて痛み・しびれを発症する場合もあります。

こちらも腰椎の変形が原因となることもあるのです。

〇骨格が歪む

骨格の歪むことで、身体のあらゆる部位への負荷が掛かってしまう原因になります。

歪みが原因で、腰椎・椎間板・背骨の異常へと繋がることも実は多いのです。

それに、お尻の筋肉にも負荷がかかります。なので、筋肉の過緊張が起こしてしまい、梨状筋が強張りって厚くなるので、坐骨神経を圧迫してしまうのです。

坐骨神経痛が悪化(解消しない)する理由とは?|戸塚安行整骨院

坐骨神経で悩む方は、リラクゼーションを目的としたマッサージで症状の緩和をしようとします。

ですが、マッサージで誤った力を加えてしまうことで、毛細血管が切れたり打撲傷に繋がることもあるので、安易なマッサージケアを受けることはおすすめしません。

何よりも、坐骨神経痛を改善するには症状の原因を解消する必要があり、大切なのは自分自身の坐骨神経痛がなぜ起こっているのか?正しく把握することです。

当院が行う坐骨神経痛治療|戸塚安行整骨院

そこで、当院の坐骨神経痛治療では、坐骨神経痛の原因を確実に把握することから始めます。

当院の施術者は全員が国家資格を持っています。なので、身体構造や動きのプロフェッショナルとも言えます。治療方法も根拠に基づいたもので、身体の歪みを数ミリ単位で微調整し、痛みや痺れの改善を図ります。

そうすることにより、乱れた自律神経が整ったり、ご自身の免疫力が向上するといった効果も期待できるのです。

坐骨神経痛に悩まされている人は、お気軽に当院までご相談くださいませ。

お問い合わせ

  • やまだ整骨院グループ 戸塚安行整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒333-0807
埼玉県川口市1丁目17-2 エンリッチFV号A-2
アクセス
「戸塚安行駅」から徒歩1分